砂町北歯科|江東区北砂の砂町銀座商店街の歯医者

東京都江東区北砂の砂町北歯科では、むし歯治療、歯周病治療などの一般歯科はもちろん、予防歯科、矯正歯科、小児歯科、義歯など、総合的な歯科診療を行っています。

HOME ≫ 診療内容 ≫

診療案内

歯周病

砂町北歯科・歯周病治療
今や、歯周病は30代以上の国民の8割は罹患していると言われているほど一般的な病気でもあるにも関わらず、自覚症状が乏しいため、しっかりとケアが行き届いてない方がいらっしゃるのも事実です。
気付いた時には歯の保存が厳しく、抜歯しなくてはならないということも珍しくありません。
全身疾患との関係性も近年の研究で盛んに報告されており、早めの治療を行うことで健康寿命が伸びることが期待されます。

歯周病はうつることがあるのか?(こちらをクリック)

歯周病と全身疾患(こちらをクリック)


また、歯周病は一度罹患してしまうと一生を通じてのメンテナンスが必要となります。
最悪、抜歯しなければならないこともあります。予防と早期の治療が大切です。
歯がグラグラする、口臭がきになる、歯磨きをすると血が出るなどの症状がある方は是非ご相談ください。

歯周病の治療の流れについて(こちらをクリック)

進行した歯周病の治療について(こちらをクリック)

歯周病の再生治療について(こちらをクリック)

<歯周病の症状 例>

  • 歯ぐきからの出血
  • 口臭
  • 口の中がネバネバする
  • 歯ぐきが腫れる
  • 歯ぐきが下がった
  • 歯がグラグラする

虫歯

歯が痛い
虫歯とは、簡単に言うと酸で歯が溶かされることによって起こる歯の病気です。風邪などの病気と違って虫歯は自然に治ることがないため、放っておくと悪化していきます。最悪の場合は抜歯になってしまうので早めの治療が大切となります。

どうして虫歯になってしまうのかというと、歯の表面に付いているネバネバした汚れが原因となります。この汚れをプラーク(歯垢)と呼んでいますが、プラークにはたくさんの細菌が棲みついているんです。

これらの細菌は、私達が飲食によって取り入れる糖分を好んで摂取し、その糖分をもとに酸を作り出します。そして、その酸が歯の表面のエナメル質を溶かし、歯の内部のカルシウムやリンといった物質までも溶かしてしまうため、それによって虫歯が作られるのです。

ですから、虫歯は「歯」「プラーク」「糖分」の3つの要素がそろった時にできやすい環境を作ることが分かります。食後にすぐ歯を磨いてプラークの量を減らしてしまえば虫歯を予防することができますが、もし歯磨きを怠るとプラークが作り出した酸によって歯がどんどん溶かされていき虫歯になるというわけです。虫歯は昔に比べるとだいぶ減って来ている印象ではありますが、やはりまだまだ多いのも事実。虫歯一つにしても年齢や原因、程度によってアプローチが異なります。

インプラント治療

straumann

インプラントとは?どのような治療法?

まずその前に
歯を抜かないといけないと言われたら?(こちらをクリック)
インプラントとは、厳密には人の身体に埋め込む人工物のことを言います。

インプラント治療とは、歯を失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋入し、歯を補う治療法です。従来は、歯を失った治療法としてブリッジや入れ歯が一般的でしたが、近年はインプラント治療を希望される患者様が増えています。

歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。「インプラントと差し歯は何が違うの?」という方も少なくありませんが、差し歯は歯根が残っている状態で行う治療であり、インプラントは抜歯が必要になった時(歯根がない)に行う治療法です。

インプラント治療と従来の治療

歯を1本失った場合、インプラントでの治療を行わない対処として、両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせます。これが、ブリッジと呼ばれる治療法です。奥に歯がない場合は、金属製のバネで入れ歯を支えます(部分入れ歯)。

噛むという行為は、想像以上に強い力を、歯とあごにかけています(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われています)。ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約1.5倍になります。削られた歯は痛みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。
歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。また、残っている歯が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯も、使っている間に合わなくなってくるため、作り直す必要が出てきます。

インプラント治療は独立した歯を植立するため、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、インプラントを通して力をかけることができますので、骨の変形も少なくなることが知られています。

近年、インプラント治療の技術も進歩し、歯科治療では歯の欠損における有効で自然な治療法として確立しています。残っている歯を大切にして将来に多くの歯を残したい方に、インプラント治療をおすすめしています。

・従来の治療
従来の治療

・インプラント治療
インプラント

セラミック補綴

砂町北歯科・セラミック補綴
セラミックでの補綴治療というと見た目が白ということに注目されてしまうことが多いですが、保険で用いられる金属やプラスチックの材料に比べて生体に対する安全性が高く、お口の中という過酷な環境においても物性が安定しているという特徴があります。

治療後に被せ物や詰め物を入れるということは異物を体内に入れるということです。
生体にとって安全な材料を用いて治療するということは非常に大切なことです。
見た目も自然に仕上がります。ご気軽にご相談ください。

歯科と金属アレルギーについて(こちらをクリック)

メタル
IMG_8845
メリット ・金属製のため強度が高い
・保険が適用されるので治療費の負担が少ない
デメリット ・銀色のため目立ちやすい
・金属アレルギーが起こる場合がある。
・汚れが付着しやすく虫歯再発のリスクが高まる
・細胞毒性があり歯周病の進行のリスクがある
セラミック
DSC_0384
メリット ・ほとんど変色しない
・天然歯の色調再現性が高い
・生体安全性が高い
・汚れがつきにくく歯周病・虫歯共になりにくい
デメリット ・保険が適用されないので治療費負担が多い

義歯

砂町北歯科・義歯(入れ歯)
義歯は歯を失った場合の治療法の一つです。
保険適用の義歯をはじめ、金属床義歯、バネのない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)など幅広く取り扱っております。
義歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください

また自由診療とはなってしまいますが、総義歯の方でしっかり噛みたいという方は自由診療とはなってしまいますが、日本有数の義歯専門医であるDr松丸に治療を依頼することも可能です。

Dr.松丸による症例はこちらをクリック (動画が流れます)

機能的にも審美的にも非常に優れた入れ歯を作成することができますので、お気軽にご相談くださいませ。

矯正歯科

砂町北歯科・矯正歯科
矯正治療というと見た目の改善にばかり注目されてしまいがちですですが、機能的な改善も期待される素晴らしい治療法です。
噛み合わせが悪いと顎に大きな負担が起きる場合もあります。
加えて特定の歯に負担がかかっている場合もあるため、その改善を行うことにより歯の寿命が伸びることも期待されます。

また子供のうちに矯正を行うことで骨格的な問題に対してもアプローチできる場合があります。
本院には矯正の専門医が在籍しておりますのでお気軽にご相談ください。

当クリニックでは、矯正歯科治療を専門に行う歯科医師が、毎月第三日曜日に矯正治療を行います。小児の矯正では、取り外しの可能なプレートによる治療が多く、永久歯列期の矯正では一般的にワイヤーによる治療になります。
ワイヤー矯正では、前歯部には目立ちにくいクリアブラケットを標準使用しています。また弱い持続的な力を発揮するNi-Tiワイヤーを用い、矯正治療に伴う痛みの軽減に努めております。

矯正治療について詳しく(こちらをクリック)

矯正治療を行ったら後戻りについても考えよう

 

矯正料金(税込)

診療内容

 

料金

相談料

 

無料

矯正基本料(検査費用含む)

小児矯正

275,000円(※1 +385,000円)

成人矯正

660,000円

マウスピース矯正基本料

インビザライン

880,000円

矯正調整料(月額)

3,300~5,500円

リテーナー

33,000円

観察料(リテーナー装着後)

3,300円

 

部分的矯正(MTM)

220,000円

便宜抜歯※2

5,500円〜22000円

※1 小児矯正を行った後、永久歯列期でさらに矯正治療が必要になる場合 成人矯正の基本料より、小児矯正の際にお支払いいただいた料金を 差し引いた料金が別途かかります。
※2 矯正治療のための抜歯は、保険適用外のため実費がかかります。 (一部保険適応となる場合があります。)

●虫歯や歯周病の治療は、費用に含まれておりません。
●ブラケットの脱離などの急患処置は、何度ご来院いただいても、費用はかかりません。 当院が責任を持ってフォローします。
●万一、リテーナーを紛失・破損した場合は再製料(33,000円)を別途いただきます。

お支払方法(現金・クレジットカード)

●矯正にかかる費用は、一括でのお支払いとさせていただきます。 (カードでの支払いは30000円からとなります)

副作用について

1 最初は矯正装置による不1央感、痛み等があります。数日間~1、 2週間で慣れることが多いです。 
2 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
 3 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それ らが治療結果や治療期間に影響します。
4 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
6 ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
7 ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
3 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、日が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行つたりする可能性があります。
12 矯正装置を誤飲する可能性があります。
13 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物 (補綴物)の一部が破損する可能性があります。
14 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
15 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物 (補綴物)やむし歯の治療 (修復物)などをやりなおす可能性があります。
16 あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあ ります。
18 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

精密根管治療

マイクロ

当院では、先端技術とマイクロスコープを利用した「根管治療(根っこの治療・神経の治療)」を実施しております。

根管治療は、虫歯が神経(歯髄)まで達した段階で行います。神経が入っている「根管」は細くて複雑な形状のため、治療には高い精度が求められます。根管治療ではまずは根管の中の虫歯に冒された神経や歯質を除去して根管を綺麗に清掃してからかぶせ物をする治療を行います。

一見簡単な処置のように思えますが、「根管を綺麗に清掃する作業」は非常に困難を極めます。なぜなら、根管はとても複雑に入り組んでおり、しっかり清掃を行わなければ、「痛み」「腫れ」などの原因となり、「根尖病巣」という病気にもなるためです。下の画像ですが、「黒い部分」が神経の入っている管であり、このすべてを綺麗に清掃する必要があります。

根尖病巣

従来までは、「肉眼」でこの治療をしていました。
少し考えればわかると思いますが、「肉眼」ではこの細かい部分をすべて確認しながらしっかり作業することは不可能です。つまり、従来法の根管治療とは「勘」や「経験」に頼った治療で、時には再治療そして「抜歯」の選択を迫られることも多々ありました。

しかし、マイクロスコープを利用することで、今まで見えなかったものが見えるようになり、しっかり目で確認しながらの治療が可能になります。

 

特徴1 治療精度を飛躍的に高める「歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)」

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)とは、その名の通り、視野を拡大する機器です。
根管治療においては、どれだけしっかりと問題部位を目で確認できるかが成功の成否を分けますので、成功率を上げるためには欠かすことができない機材になります。

マイクロ
下の画像は肉眼の視野とマイクロスコープの視野の比較になります。
どちらの方が精度の高い治療ができるかは一目瞭然ですね。

コンセプト:1本でも多くの歯を残すために【みずくろ歯科】川西市トナリエ清和台 隣りの歯医者

特徴2 歯に優しい柔軟性をもつ「ニッケルチタンファイル(Ni-Tiファイル)」

NiTiファイル

根管治療では、虫歯に侵された神経を除去するために「ファイル」と呼ばれる器具を使用します。このファイルは大きく分けて二種類あり、ひとつが「ステンレスファイル」、もうひとつが「ニッケルチタンファイル(NiTiファイル)」というものです。

多くの歯科医院ではステンレスファイルのみを使用していますが、当院では十分な柔軟性を持ち、より神経を除去できるニッケルチタンファイルも同時に導入しています。
これにより、患者様の歯を残すための精密根管治療が可能となるのです。

特徴3 根管内を綺麗に洗浄・消毒する「EDTA」「次亜塩素酸ナトリウム」

EDTA、次亜塩素酸ナトリウム

根管治療では、ファイルと呼ばれるステンレス製のヤスリのような器具で、根管内の汚れを削っていきます。

ヤスリでものを削ると細かな削りカスが出るのと同様に、根管治療でもファイルで歯質を削る際にカスが出ます。

このカスにはたくさんの菌が存在していますので除去しなければならないのですが、手用の器具では除去できません。

また、根管内は非常に複雑な形をしており、側枝と呼ばれるファイルが届かない細かい神経の箇所も存在するため、根管内全体をできるだけ無菌化するためにしっかりと根管の形を整え薬液で洗浄することが必要になります。

ほとんどの歯科医院では空けた穴に薬を詰めて入れ替えるだけで、充分に根管の形を整えて洗浄することなく根管治療を終えてしまいます。1度治療して完治したと思っていた箇所が、再度治療を行わなくてはならないのはこのためです。

この問題を解決するのが「EDTA」、「次亜塩素酸ナトリウム」という薬剤です。 専門的な話になりますので詳細は割愛させていただきますが、簡単にご説明をしますと、これらの薬剤は、ファイルで生じた削りカスを溶かし、消毒することで根管内をクリーンな状態にし、病気の再発を防ぐものです。当院では、これらの薬剤を用いて根管治療を行っております。

特徴4 根管を傷つけず、正確に治療を進めるための「根管長測定器」

根管長測定器

根管治療をする際、根管内の深さを正確に知る必要があります。
当院ではこの深さを把握するため、根管長測定器というものを利用しています。
これは根尖(根の先っぽ)までの距離が非常に正確に計測できる優れものです。

技術を要する「歯根端切除術」「再植術」の実施

通常の根管治療を行っても症状が改善しない場合は、「抜歯」の選択が一般的です。しかし当院では「歯根端切除術」や「再植術」の外科処置を実施することで、可能な限り歯を残す治療が可能となっています。

歯根端切除術

神経を取った後の治療(根管治療)がうまくいかなかった場合、根っこの先っぽの方に「膿の袋」ができる場合があります。膿の袋があまりに大きい場合には抜歯になりますが、そうでない場合は、外科的に根尖(根の先っぽ)を切断すると同時に膿の袋を摘出する処置を行います。これを歯根端切除術と言います。

歯根端切除術

再植術

再植術とは、問題のある歯を一旦「抜歯」し、口腔外でしっかり処置をし、再度口の中に戻す術式です。お口の中での治療では治療する際様々な制限がありますが、一旦抜歯すればそのような制限がなくなり、360°自由な視点で問題箇所の処置が可能になります。

予防歯科

砂町北歯科・予防歯科
一生に生える歯の数は限られています。人生100年時代と言われている時代です。
そんな中、歯の健康を維持するには、定期的なメンテナンス(リコール)を受けることが大切です。
家庭では磨けてない部位のプロによるクリーニング、ブラッシング指導を数カ月に一回受けることで、むし歯や歯周病になりにくいことが実証されています。
また全身の健康状態にも口腔内の状態が大きく関係していることも近年わかってきています

お子様には虫歯予防としてシーラント、フッ素塗布を行っております。
6歳頃生え始める子供の奥歯は、溝が深く虫歯になりやすいのです。
そこで、シーラントという樹脂を溝に埋め込み、虫歯を予防します。
また定期的なフッ素塗布も虫歯予防に有効です。

ネット予約はこちらから

東京都江藤区の歯医者・砂町北歯科

【電話番号】
03-5683-0234

【住所】
〒136-0073
東京都江東区北砂4-11-10
1F

【診療時間】
午前…9:30〜12:30
午後…14:00〜18:00
木曜日、日曜日…9:30〜14:00
土曜午後…17:30まで

【休診日】
祝日・不定休

モバイルサイト

砂町北歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら