砂町北歯科|江東区北砂の砂町銀座商店街の歯医者

東京都江東区北砂の砂町北歯科では、むし歯治療、歯周病治療などの一般歯科はもちろん、予防歯科、矯正歯科、小児歯科、義歯など、総合的な歯科診療を行っています。

HOME ≫ 診療内容 ≫

診療案内

歯周病

砂町北歯科・歯周病治療
今や、歯周病は30代以上の国民の8割は罹患していると言われているほど一般的な病気でもあるにも関わらず、自覚症状が乏しいため、しっかりとケアが行き届いてない方がいらっしゃるのも事実です。
気付いた時には歯の保存が厳しく、抜歯しなくてはならないということも珍しくありません。
全身疾患との関係性も近年の研究で盛んに報告されており、早めの治療を行うことで健康寿命が伸びることが期待されます。

歯周病はうつることがあるのか?(こちらをクリック)

歯周病と全身疾患(こちらをクリック)


また、歯周病は一度罹患してしまうと一生を通じてのメンテナンスが必要となります。
最悪、抜歯しなければならないこともあります。予防と早期の治療が大切です。
歯がグラグラする、口臭がきになる、歯磨きをすると血が出るなどの症状がある方は是非ご相談ください。

歯周病の治療の流れについて(こちらをクリック)

進行した歯周病の治療について(こちらをクリック)

歯周病の再生治療について(こちらをクリック)

<歯周病の症状 例>

  • 歯ぐきからの出血
  • 口臭
  • 口の中がネバネバする
  • 歯ぐきが腫れる
  • 歯ぐきが下がった
  • 歯がグラグラする

虫歯

歯が痛い
虫歯とは、簡単に言うと酸で歯が溶かされることによって起こる歯の病気です。風邪などの病気と違って虫歯は自然に治ることがないため、放っておくと悪化していきます。最悪の場合は抜歯になってしまうので早めの治療が大切となります。

どうして虫歯になってしまうのかというと、歯の表面に付いているネバネバした汚れが原因となります。この汚れをプラーク(歯垢)と呼んでいますが、プラークにはたくさんの細菌が棲みついているんです。

これらの細菌は、私達が飲食によって取り入れる糖分を好んで摂取し、その糖分をもとに酸を作り出します。そして、その酸が歯の表面のエナメル質を溶かし、歯の内部のカルシウムやリンといった物質までも溶かしてしまうため、それによって虫歯が作られるのです。

ですから、虫歯は「歯」「プラーク」「糖分」の3つの要素がそろった時にできやすい環境を作ることが分かります。食後にすぐ歯を磨いてプラークの量を減らしてしまえば虫歯を予防することができますが、もし歯磨きを怠るとプラークが作り出した酸によって歯がどんどん溶かされていき虫歯になるというわけです。虫歯は昔に比べるとだいぶ減って来ている印象ではありますが、やはりまだまだ多いのも事実。虫歯一つにしても年齢や原因、程度によってアプローチが異なります。

インプラント治療

straumann

インプラントとは?どのような治療法?

まずその前に
歯を抜かないといけないと言われたら?(こちらをクリック)
インプラントとは、厳密には人の身体に埋め込む人工物のことを言います。

インプラント治療とは、歯を失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋入し、歯を補う治療法です。従来は、歯を失った治療法としてブリッジや入れ歯が一般的でしたが、近年はインプラント治療を希望される患者様が増えています。

歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。「インプラントと差し歯は何が違うの?」という方も少なくありませんが、差し歯は歯根が残っている状態で行う治療であり、インプラントは抜歯が必要になった時(歯根がない)に行う治療法です。

インプラント治療と従来の治療

歯を1本失った場合、インプラントでの治療を行わない対処として、両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせます。これが、ブリッジと呼ばれる治療法です。奥に歯がない場合は、金属製のバネで入れ歯を支えます(部分入れ歯)。

噛むという行為は、想像以上に強い力を、歯とあごにかけています(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われています)。ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約1.5倍になります。削られた歯は痛みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。
歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。また、残っている歯が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯も、使っている間に合わなくなってくるため、作り直す必要が出てきます。

インプラント治療は独立した歯を植立するため、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、インプラントを通して力をかけることができますので、骨の変形も少なくなることが知られています。

近年、インプラント治療の技術も進歩し、歯科治療では歯の欠損における有効で自然な治療法として確立しています。残っている歯を大切にして将来に多くの歯を残したい方に、インプラント治療をおすすめしています。

・従来の治療
従来の治療

・インプラント治療
インプラント

セラミック補綴

砂町北歯科・セラミック補綴
セラミックでの補綴治療というと見た目が白ということに注目されてしまうことが多いですが、保険で用いられる金属やプラスチックの材料に比べて生体に対する安全性が高く、お口の中という過酷な環境においても物性が安定しているという特徴があります。

治療後に被せ物や詰め物を入れるということは異物を体内に入れるということです。
生体にとって安全な材料を用いて治療するということは非常に大切なことです。
見た目も自然に仕上がります。ご気軽にご相談ください。

歯科と金属アレルギーについて(こちらをクリック)

メタル
IMG_8845
メリット ・金属製のため強度が高い
・保険が適用されるので治療費の負担が少ない
デメリット ・銀色のため目立ちやすい
・金属アレルギーが起こる場合がある。
・汚れが付着しやすく虫歯再発のリスクが高まる
・細胞毒性があり歯周病の進行のリスクがある
セラミック
DSC_0384
メリット ・ほとんど変色しない
・天然歯の色調再現性が高い
・生体安全性が高い
・汚れがつきにくく歯周病・虫歯共になりにくい
デメリット ・保険が適用されないので治療費負担が多い

義歯

砂町北歯科・義歯(入れ歯)
義歯は歯を失った場合の治療法の一つです。
保険適用の義歯をはじめ、金属床義歯、バネのない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)など幅広く取り扱っております。
義歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。

矯正歯科

砂町北歯科・矯正歯科
矯正治療というと見た目の改善にばかり注目されてしまいがちですですが、機能的な改善も期待される素晴らしい治療法です。
噛み合わせが悪いと顎に大きな負担が起きる場合もあります。
加えて特定の歯に負担がかかっている場合もあるため、その改善を行うことにより歯の寿命が伸びることも期待されます。

また子供のうちに矯正を行うことで骨格的な問題に対してもアプローチできる場合があります。
本院には矯正の専門医が在籍しておりますのでお気軽にご相談ください。

矯正治療について詳しく(こちらをクリック)

矯正治療を行ったら後戻りについても考えよう

予防歯科

砂町北歯科・予防歯科
一生に生える歯の数は限られています。人生100年時代と言われている時代です。
そんな中、歯の健康を維持するには、定期的なメンテナンス(リコール)を受けることが大切です。
家庭では磨けてない部位のプロによるクリーニング、ブラッシング指導を数カ月に一回受けることで、むし歯や歯周病になりにくいことが実証されています。
また全身の健康状態にも口腔内の状態が大きく関係していることも近年わかってきています

お子様には虫歯予防としてシーラント、フッ素塗布を行っております。
6歳頃生え始める子供の奥歯は、溝が深く虫歯になりやすいのです。
そこで、シーラントという樹脂を溝に埋め込み、虫歯を予防します。
また定期的なフッ素塗布も虫歯予防に有効です。

お問い合わせ

ネット予約はこちらから

東京都江藤区の歯医者・砂町北歯科

【電話番号】
03-5683-0234

【住所】
〒136-0073
東京都江東区北砂3-36-18
鈴木ビル1F

【診療時間】
午前…9:00〜12:30
午後…14:00〜18:00
土曜午後…16:00まで

【休診日】
日曜・祝日

モバイルサイト

砂町北歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら