砂町北歯科|江東区北砂の砂町銀座商店街の歯医者

東京都江東区北砂の砂町北歯科では、むし歯治療、歯周病治療などの一般歯科はもちろん、予防歯科、矯正歯科、小児歯科、義歯など、総合的な歯科診療を行っています。

Blu

HOMEブログページ ≫ 白い被せ物の治療 ≫

白い被せ物の治療

DSC_0291
当院ではセラミックによる治療を数多く行なっています。

当院ではまず初めにベストな治療法を提案させていただきます。

「見た目の美しさ(審美面)」と「経済的な側面(費用面)」に関しては、それぞれ一人一人の価値観や事情がありますので、最終的には患者様に決めていただきます。

とはいえ、銀歯が他の材料よりも身体の調子が崩れるリスク(金属アレルギー)が高いことを知っていますのでその危険性はしっかりと理解をしていただきます。 ここでは身体の中に入れる人工物としての安全性についてお話ししたいと思います。

金属のリスク①:金属アレルギー

口の中は皆さんもご存じの通り唾液などによりとても湿った状態であり、口の中の金属は少しずつ腐食していきます(=溶ける)。 金属が腐食すると、発生した金属イオンが体内のたんぱく質と結合し、それが身体から異物とみなされるとアレルギー反応を起こします。

歯科金属のアレルギーで引き起こされる疾患は、皮膚症状(アトピー、湿疹、乾癬、にきびなど)が圧倒的に多く、口の中の金属が原因であるにもかかわらず、その症状は口の中にほとんど発症せず、口から離れたところにある皮膚に発症することが多いです。欧米などでは基本的にメタルは極力用いないように治療しています。

また、アレルギーの原因が歯科金属なのかどうかの判断がとても困難です。 原因が分からないと原因を取り除いて治療するということが難しいです。

また、歯科治療で使用されている金属は合金であり、様々な金属が合成されてできています。 

このため、たとえ金属アレルギーであったとしてもアレルゲン(アレルギーの原因物質)を特定するのが困難です。

金属のリスク②:ガルバニー電流

その一方で、金属には「ガルバニー電流」と呼ばれるリスクもあります。
金属でかぶせた歯同士で咬み合わせたときに、ガルバニー電流という電流が歯と歯の間に流れます。 これをガルバニー電流といいます。

ガルバニー電流は、頭痛や肩こりなど身体の不調に関係していることが報告されています。

セラミックにはこれらのリスクがありません。

金属ではないのでイオンが溶出してアレルギーの原因となることもありませんし、ガルバニー電流を起こすこともありません。

歯科医師として身体の安全性を考えた場合、セラミックは安心しておすすめすることができます。

上記のような説明を聞いた上で、それでもメタルというのは患者様の選択ですので、全く問題ありません。
大切なことは正しい知識を持った上でどのような治療を選択するのか
というポイントになるのです。

症例集に多くの症例を載せております。
是非ご覧になってくださいませ。

症例集はこちらをクリック

2021年01月10日 08:40

東京都江藤区の歯医者・砂町北歯科

【電話番号】
03-5683-0234

【住所】
〒136-0073
東京都江東区北砂4-11-10
1F

【診療時間】
午前…9:30〜12:30
午後…14:00〜18:00
木曜日、日曜日…9:30〜14:00
土曜午後…17:30まで

【休診日】
祝日・不定休

モバイルサイト

砂町北歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら