砂町北歯科|江東区北砂の砂町銀座商店街の歯医者

東京都江東区北砂の砂町北歯科では、むし歯治療、歯周病治療などの一般歯科はもちろん、予防歯科、矯正歯科、小児歯科、義歯など、総合的な歯科診療を行っています。

Blu

HOMEブログページ ≫ 院長ブログ ≫

ブログページ

歯がしみる

意外に多いのですが、歯がしみると訴える方が多いです。
それは知覚過敏かもしれません。

→知覚過敏とは、歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい飲食物、甘いもの、風にあたった時などに歯に感じる一過性の痛みで、特にむし歯や歯の神経(歯髄)の炎症などの病変がない場合にみられる症状を言います。

何故知覚過敏になるのか?

歯の最表層にあるエナメル質は削っても痛みを感じることはありません。象牙質はその内層にあり、また根部ではエナメル質がなく全層が象牙質でできています。象牙質は器具でこすったり、冷たいものや熱いもの等に触れると、その刺激は内部の神経に伝達されて、歯は痛みを感じます。つまり象牙質は痛みを感じる部分です。

通常、象牙質はエナメル質に覆われているので、こうした痛みを感じることはありませんが、極端に冷たいものなどではエナメル質の上からでも温度が内部の象牙質に伝わって、歯が痛みを感じることもあります。しかし、様々な理由で象牙質が露出すると、刺激が神経に伝達されやすくなり、知覚過敏が生じるようになります。

象牙質が内部の神経にまで刺激を伝えるのは、象牙質の中にある無数の小さな管状の構造物があることによります。この小さな空隙は加齢などにより、少しずつ塞がってくることもあります。このような場合には知覚過敏は起きません。したがって象牙質が露出している時には必ず知覚過敏が起きるということではありません。

(1)歯肉の退縮

歯肉の位置は加齢とともに少しずつ下がってきます。それに伴って歯の根っこが露出し、象牙質がむき出しの状態になります(図1,2)。このような象牙質表面では、歯ブラシが触れたり、温度変化などの刺激で痛みを感じることがあります。持続時間は長くても1分以内で、時間が経てば痛みは消失します。歯の表面に歯石がたくさん付いているような場合、それを取り除いた時にも同様の状態となり、歯石をとっている時にも器具が象牙質表面に触れたり、水をかけて処置をするので、知覚過敏と同様の痛みを感じることがあります。

(2)歯の破折

打撲などにより歯が破折して、象牙質が露出すると、知覚過敏症状が出ることがあります(図3,4)。破折時には、残っている歯に亀裂が入っていることもあります。亀裂の状態にもよりますが、歯の神経の部分にまで細菌が侵入して炎症を起こすこともあります。

(3)歯が擦り減ることによる象牙質露出

歯は使っていれば、わずかずつですが擦り減っていきます。その結果、エナメル質がなくなって象牙質が露出することもあります(図5)。歯の擦り減り方は人によって様々です。大きく擦り減ってしまっても知覚過敏が見られないこともありますし、わずかな範囲の象牙質露出でも知覚過敏が起きることもあります。

(4)歯が溶けることによる象牙質露出

エナメル質はpH5.5程度で溶け始めます。私達の日常で口にする食べ物や飲み物の多くは酸性です(図6)。こうした食べ物や飲み物を全てやめるということは不可能ですが、炭酸飲料を長時間かけて飲むような習慣や、酸っぱい飲み物や食べ物を頻繁にかつ長時間摂取するような習慣があると、私達の歯は簡単に溶けて、内部の象牙質が露出します(図7)。このような状態の歯を酸蝕歯といいます。当然象牙質も露出します。象牙質はエナメル質よりも弱い酸で溶けますから、さらに歯は溶かされていき、知覚過敏も起きやすくなります。

(5)むし歯の治療に伴う知覚過敏

むし歯の治療をした後、その歯に知覚過敏が起きることも時としてあります。歯を削るという処置そのもので、歯の神経が痛みを感じやすくなってしまうことや、治療法によって、かみ合わせた時に痛みを感じるようになるということもあります。しばらく経過を見て知覚過敏がなくなる場合もありますが、再治療を行うことや、神経を取り除く治療が必要になることもあります。

(6)ホワイトニングに伴う知覚過敏

ホワイトニング(歯の漂白)治療によって、一時的に軽度の知覚過敏が起きることがあります。ホワイトニングで使う薬剤による影響であると考えられますが、詳細なメカニズムは不明です。家庭で行うホームホワイトニングの場合、1-2日間ホワイトニングを中断すれば症状は消え、再びホワイトニングを続けることが可能です。またホワイトニング治療が終了すれば、知覚過敏もなくなるのが通例です。

治療法はあるのか?

残念ながら知覚過敏は即効性のある治療法はありません。
究極神経を抜くなどすれば痛みは取れますが、それは最終手段であり、やることはほとんどありません。

噛み合わせが原因の場合もあり、マウスピースなどを用いて知覚花瓶の悪化を防ぐ方法もあります。。。

しかしながら即効性があるとは言い難いです。

2020年06月12日 21:39

コロナウイルスによる現在の診療状況

今現在、コロナウイルス感染対策のため院内混雑を避ける工夫を行っています。
その他にも以下のようなことを行っています。
158641609320701

予約も調整を行い、混雑状況を作らないよう努めております。

受診希望の方は極力お電話にてお問い合わせいただくようご協力くださいませ。

また今現在に至るまで
歯科医院においてクラスター発生の報告は出ておりません。
さらに医療者側から患者様への感染のニュースもありません。

今現在患者様のお顔に使うタオルも使い捨てのものを使い
清潔に努めています。

歯科治療は定期的な受診を行うことにより
歯茎の炎症をコントロールするのが重要です。
虫歯も同じです。

重症下してからでは治療も大変になるケースも非常に多いです。

継続して受診していくことを意識されてください。
2020年06月11日 19:55

虫歯があるか調べてほしい

これも十分立派な診療理由となります。

日本は諸外国に比べるとはるかに安価で歯科治療を受診することができます。

長く時間がかかるから嫌だという方もいらっしゃるかもしれませんが
時間がかかってでも
しっかりと治療を行うことが

長期的に見れば
結果として安上がりになります。

歯は当たり前ですがとても大切です。
2020年06月10日 21:11

歯が割れるとき

クラック
これはイメージ画像ですが
歯が痛い
という患者様で
虫歯でもないのにな。。。

というケースがあります。

そういうケースは歯が割れている場合があります。

最悪の場合抜歯となってしまいますが、
割れている範囲によっては保存も可能となります。
早めの受診が肝となりますので
歯に違和感を感じたら
早めに受診されてください。
2020年06月05日 22:34

抜かなくてはならない歯を放置したら

抜かなくてはならないけど放置している。
そんな歯はありませんか??
これはイメージ図ですが
抜かなくてはならない歯をずっと放置すると
蜂窩織炎という顎の方まで炎症を引き起こすことがあります。
蜂窩織炎

う蝕(むし歯)が進行すると、歯髄の炎症である歯髄炎をおこします。歯髄炎の後、歯髄壊疽をおこし、根尖孔を通じて感染が歯周組織へと広がった状態を根尖性歯周炎といいます。 根尖性歯周炎は、歯根の尖端部周囲に限局した炎症ですが、進行すると、歯槽骨炎やさらに広範な顎骨炎などに進展します。感染の広がりとともに症状も顕著となり、局所の発赤や腫脹、疼痛に加えて、発熱などの全身症状を伴うようになります。

重症例では、感染は顎の骨から周囲の口底や顎下部、頸部へと波及し、急性の化膿性炎症をおこします。これを蜂窩織炎といいます。さらに重症な場合、上顎では眼窩や脳へ波及したり、下顎では頸部を経て縦隔炎をおこしたり、まれに、最も重症である敗血症をおこして致命的となることもあります。 このような感染の重症化は糖尿病などのように免疫力が低下している状況でおこりやすくなります。

今現在コロナウイルスのため、自粛期間などもあったため
歯科治療中断している方もいるかもしれませんが
歯科は医療ですので
不要不急ということは考えにくいです。

4月中は歯科医歯会もコロナウイルスの全容がわかっていなかったため
定期検診などは控えるように
注意喚起していましたが
今現在は感染に気をつけつつ
歯科受診は行うべきだということに
なっています。

今回の記事でお伝えしたかったことは
口腔内のケアをしっかり行うことをしていれば
抜歯が突如必要になったりはしません。

自分の状態は数ヶ月もすれば変わるので
定期的な歯科受診は欠かさないようにしましょう。

2020年06月03日 21:36

深い位置での虫歯になると、、、

クラウンレングス
銀歯が外れたと来院された患者様
しかしながら、銀歯が付いていた歯はとても大きな虫歯に。
こういう場合基本的に通常抜歯を選択される先生も多いです。
虫歯がとても深い場合、被せ物も長持ちがせず、歯肉が腫れぼったくなったり
長期的な予後が期待できません。
そのため、骨を削って相対的に歯の長さを長くするという術式があります。
適応条件等ありますが、うまくいくと抜歯と言われていた歯も残せる場合があります。
クラウンレングス2
2020年06月02日 22:57

歯が浮いている気がする(その歯虫歯です)

IMG_9911
噛むと痛いというのが主な訴えの患者様。
ご飯を食べる時のみ歯が痛いということでしたが
レントゲン撮影と実際に口の中を拝見したところ銀歯の下に非常に大きな虫歯が、、、
(画像はイメージであり実際の患者様ではありません)

しかしながら、保険で作る銀歯はピッタリと適合していない場合も多かったり
汚れも付着しやすいため中が虫歯になっているケースが多いのが実際です。

今回の場合は虫歯が神経の部分まで到達しており
神経の治療も行い
被せ物となる予定です。

理想的には長く使うということを考えるのであれば
汚れの付着しにくいセラミックを用いての被せ物にすることが理想でしょう。
しかしながら、セラミックを入れるには
歯茎や歯を支える骨の治療、つまり歯周病の治療を抜きには考えることはできません。

当院はなるだけ全体のことを説明し、長期的な予後を考えた治療を行うことを
重視しています。

保険の範囲内での治療はもちろん
保険外の治療を用いての治療も提案させて頂いております。

お気軽にご相談くださいませ。
2020年06月01日 16:22

5月も終わり、明日より6月です

スケーリング

緊急事態宣言も明け、明日より6月が始まります。引き続き全国でコロナウイルスの第二波への警戒がされていますが、お口の中の健康維持管理は肺炎予防などの全身の健康のためには歯科医院の受診は非常に重要であると歯科医師会からも公式で発表されています。

 

インフルエンザ予防と歯周病菌(こちらをクリック)

 

当院においても引き続きコロナウイルスへの感染対策は継続しつつ、安全に診療を行なっていく予定です。

歯周病進行の予防、管理のためには歯科医院の定期的な管理は欠かせません。
虫歯や歯周病は生活習慣病の一種であり、
定期的な歯科医院の受診や歯磨きを意識的に改善していくだけで
重症化を防げたり、そもそも虫歯・歯周病になるのを防ぐことが可能なのです。

歯周病は人にうつることがあります(詳しくはこちら)

歯周病は全身への影響も重大です。
今後記事にまたまとめますが、列挙すると

1.心疾患
2.脳梗塞

3.糖尿病
4.低体重児早産

5.誤嚥性肺炎

6.骨粗鬆症

7.関節炎・腎炎

8. メタボリックシンドローム

などがあります。

 

2020年05月31日 21:07

本日は抜歯が多かったです。

本日は抜歯が2件ありました。
僕たちは何がなんでも歯を抜きたいというわけではく
むしろその逆で可能ならば残したいのですが
様々な理由により歯を抜かなくてはならない場合があるのも事実です。

何故歯を抜くのか?(こちらをクリック)

本日は違和感があり長い間抜かずに置いていたという方の抜歯でしたが
骨吸収が進んでしまい
上顎洞というお鼻の穴と交通している空洞部分まで炎症が波及していました。
上顎洞
ここに炎症が波及すると歯性上顎洞炎という病気を引き起こします。
そうなると鼻詰まりや、頭痛などの症状が引き起こされます。
なるだけ早いうちに受診することが重要となります。
2020年05月30日 21:47

しっかりとした治療を行うことが大切

DSC_0384
女性の患者様が本日無事にセラミックの被せ物を装着することができました。
この患者様は、定期的に他院にてメンテナンスを行なっていましたが
銀歯の下に虫歯が出来てしまっていました。食べ物を食べると痛みを感じており
レントゲン撮影を行ったところ、神経の近くまで虫歯が進んでいるということがわかりました。
虫歯jpg
これでいうところのC3という状況で、実際に銀歯を外してみたところ歯のほとんどが虫歯でボロボロになっていました。
レントゲンのみの判断だとある程度の虫歯の大きさはわかりますが
実際治療を行なってみるとレントゲンよりかなり大きいということが非常に多いのが実際です。

患者様には状態の説明をしっかりと行い、治療をはじめたところ
虫歯は神経まで至っており根の治療を行うこととしました。
その際、治療後、被せ物になるということ
自費のセラミックと、保険の銀歯の違いを説明させていただいきました。

結果としては自費の被せ物を選んでいただき、本日無事にかぶせることができたわけでありますが
非常に審美的で生体にも優しいセラミックを喜んで頂けました。

治療を行なったこちら側としても
患者様が美しい被せ物が入ることにより
患者様が笑顔になるのは何者にも変えがたい喜びです。

基本的に当院は保険主体の医院ではありますが、
セラミックを用いた生体に優しい治療も数多く行なっています。

治療するのであれば虫歯の再発リスクも少ない、長持ちするような治療をオススメさせていただいております。
「もしも家族に勧めるのであれば?どの治療か。」
というテーマのもとに治療を行なっております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。
2020年05月30日 00:30

東京都江藤区の歯医者・砂町北歯科

【電話番号】
03-5683-0234

【住所】
〒136-0073
東京都江東区北砂3-36-18
鈴木ビル1F

【診療時間】
午前…9:00〜12:30
午後…14:00〜18:00
土曜午後…16:00まで

【休診日】
日曜・祝日

モバイルサイト

砂町北歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら